信頼できるデータ復旧業者への依頼|webとITの技術を活用

社外にデータ保存の委託

スーツの男性

法人や企業同時でファイルのやり取りをするという場面は幾度なくあります。見積書や発注書、請求書などの決算書類はメールで添付されることが多いですが、画像や動画ファイル、ソースコードなどのファイルは大容量となる場合が多いので、オンラインストレージを経由して法人間のやり取りが行なわれるようになっています。オンラインストレージは容量と比較して、必要なコストが非常に安く設定されているので、ファイルのやり取りに掛かる費用を安く抑えたい法人に最適なサービスだといえるのです。メリットの大きいオンラインストレージサービスですが、複数の業者がサービスを提供しているのでどこと契約をしていいか迷ってしまう場合があるでしょう。
導入を進める際はいくつかの選定ポイントが存在するので覚えておくことが大切です。まず1点目に挙げられる要素としては必要なデータ容量となります。あまりにも多い容量を契約してしまうとコストのムダとなってしまい、逆に少なすぎると業務に支障をきたしてしまいます。これまでの業務から必要な容量を算出し容量プランを設定するのが重要となってくるのです。そして2点目のポイントは対応しているデバイスです。社外で資料の提示などをする場合はタブレットなどを活用する場合があります。オンラインストレージによってはパソコンしか対応していないケースもあるのでしっかりと確認しておきましょう。3点目に挙げられるポイントとしては、法人のデータがどの地域に保存されているかという点です。国外のデータセンターに保存がされる場合もあるので、利用規約をしっかりと確認しておくのが重要だといえます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2016 信頼できるデータ復旧業者への依頼|webとITの技術を活用 All Rights Reserved.